妊娠

波動 > 妊娠

妊娠

  • 流産後に妊娠しやすいという話

    胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段のご飯のみでは不十分になりがちです。ですから妊娠前から妊娠初期の期間は、普段のご飯以外に、サプリによって摂取するのがいいでしょう。せっかく補給した葉酸に効率よく働いてもらうためには、ごはんを食べてから三十分以内に、サプリを飲むようにしてちょうだい。普段のご飯から摂れる栄養素の働きによって、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。
    では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。
    胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。
    ですから空腹時での摂取はおススメしません。
    不妊に効果のある食べ物というと、おとうふや納豆、魚などがあります。鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども母体造りに必要な栄養が豊富に含まれますから、摂取が推奨されます。ただ、過食は毒にもなりますので、バランス良く色々な食品群の中から栄養を摂る事が理想であることは間ちがいありません。
    その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので避けたほうが、妊娠してからも楽になります。
    妊娠を考えるようになって、葉酸がとても大切だという事に気付かされています。

    不幸なことに流産することもあります。
    ですが、流産したあとは妊娠がしやすいともいわれています。
    頑張って妊娠するように体を整えましょう。
    流産後に妊娠するために
    今、私は妊活中なのですが、この時から十分に葉酸を摂取しましょうと、読んでいる雑誌で特集が組まれていました。どうやら、葉酸は赤ちゃんが大聴くなるために重要な成分らしいです。妊娠した段階から不足しやすい成分だそうなので、妊活中からの摂取がもとめられているようです。
    野菜にも含まれている栄養素なのですが、野菜をちゃんと食べれない場合は、サプリを服用するのが良いと書いてあったので、サプリを利用しようかと考えています。
    調べてみるといろいろな葉酸サプリが売られている事が分かりました。安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、健康的な赤ちゃんを授かれるように、努力していきたいです。一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜と呼ばれるものが該当します。赤ちゃんを授かったアト、早めにこれらの食材を摂取することによって、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するらしいのです。

    とはいえ、毎日あまたの野菜を摂取するのは大変ですね。
    そんな時には他の食材で補っても構いません。
    例えば納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのを勧めたいものです。妊活中の話ですが、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。
    上の子が男の子でしたし、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。
    排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けを実践していました。妊娠が分かっ立ときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって性別が確認されるまでは少し心配もしましたが、赤ちゃんが女の子でしたから、主人もまあまあ喜んでいました。
    産み分けのおかげだと思っています。

  • 妊娠中でつらいこと

    妊娠中でつらいことはたくさんあります。一番つらいのはもちろんつわりですが、妊娠後期になるとつらくなるのが便秘です。なかなか出るものが出なくて困るんです。便秘薬もむやみに飲むこともできませんので、食事でどうにか改善したいと思っている方も多いと思います。
    私は便秘で苦しくなった時は飲み物を工夫していました。妊娠中の便秘でも飲めるお茶があって、それを愛用していました。お茶というと、カフェインが入っていないか気になるところだと思いますが、妊婦さんでも飲めるお茶なので、カフェインも少量しか入っておらず安心です。
    私もお茶を飲んで便秘がスッキリとなりました。便秘がスッキリすると、家事も仕事もはかどってよいですね。妊娠していない時でも、飲むだけで便秘が解消されるので、今でも便秘で苦しくなると愛用しています。